RBリスクベネフィット中国四国支部

24時間・年中無休対応
0120-087-867

施工事例

トップページ>施工事例>孤独死現場で貴重品を探したい!!

孤独死現場で貴重品を探したい!!

作業前の状態。カーペット上に汚染が広がっています。
まずはカーペットを梱包していきます。
入念に洗浄・拭き上げを繰り返します。
カーペット下にも汚染が進んでいました。
汚れていた畳もラッピング処理で対応です。

お客様よりお電話で、【臭いが強く、ウジが多い】との情報があり、現地でお客様のご要望をお聞きすると、【自分達で貴重品を探したい】【貴重品を探した後は、遺品整理ができるよう消臭をお願いしたい】とのことでありました。

このような時のために、当社は『悩むなパック』を設けております。

最も汚染が激しい居室内を優先的に特殊清掃を行うことで、ご依頼者様やご遺族の方々が入室し、遺品を探すことができる状態にします。
貴重品や通帳、印鑑、保険証書等、様々な手続きに必要な物を手にして頂くことが可能です。

当社『悩むなパック』の内容にご納得頂け、ご契約書を締結し、作業開始となります。
今回は2Kにお住まいの60歳男性で、台所で発見されるまで3週間だったようです。

防護服を身につけた特殊清掃員が入室していきます。
まずは玄関前で、合掌します。「お疲れ様でした。きれいにさせていただきます…」

まずは腐敗するにつれ体から出てきた体液の除去作業になります。
汚染物が浸み込んだだカーペット、畳を撤去していきます。
最初ウジが多いと伺っておりましたが、意外に少ないな?と思っていましたら、カーペット下には数百匹のウジがおりましたので、丁寧にウジ除去を行いました。
ウジはその場だけでなく這って出ていく事もありますので、その場だけでなく周辺くまなく除去致しました。
ウジを除去し体液の染みついた部分をラッピングして臭いを封じ込めます。
今回は畳だけでなくフローリングにも体液がまわっていたので、フローリングも洗浄させて頂きました。
最後に消毒と消臭の為にオゾン燻蒸を施して作業完了です。

この一連の作業で臭いは8割程度までは軽減致します。
孤独死現場の際にお客様が中に入って貴重品を探したいと言うご要望は多くあります。
そんなときは当社の【悩むなパック】が有効です。

  • 作業: 特殊清掃(悩むなパック)
  • 人数: 2人
  • 日数: 1日日
  • 参考費用: 86,663円(税込)