RBリスクベネフィット中国四国支部

24時間・年中無休対応
0120-087-867

施工事例

トップページ>施工事例>【孤独死現場清掃】本当に臭いは消せるのか!?

【孤独死現場清掃】本当に臭いは消せるのか!?

クリーニングが甘く、ホコリと油汚れが残っております。
施工前です。
油汚れ吸着した臭気を除去する為に換気扇を徹底洗浄します。
取りついていた汚れ部分は全て洗浄しました。
臭気も油汚れも取れた換気扇です。
体液汚染が激しい為、特殊コーティングを施し臭気封印します。

問い合わせ頂き、遺品整理会社様からのご紹介で当社に御依頼が入りました。
施工したが臭いが落ちない、本当に臭いは消せるのか?
大変心配なさっていている不安が伝わって来ます。
お任せ下さい!!とお約束し、現地に向かいます。

特殊清掃作業開始です。
まずは汚染物の除去になります。
浴室前の脱衣所には体液が広がっておりました。
体液は、脂成分のように、ねっとりしています。
自社オリジナル万能薬剤、体液除去剤【タロウ】を用いて除去しました。
タロウを散布し汚れを浮き上がらせ、拭き取ります。
きれいに取り除いた後は、臭いが浮かないように臭いを封じ込め防臭剤を塗布し、特殊コーティングを施し完全にシャットアウトしました。

臭いの発生源として換気扇が死角となっています。
油汚れを吸着したプロペラに臭気も吸着している恐れがあるので除去する為に換気扇を外し、徹底的に洗浄します。

第二段階で残留品を撤去し、アウトソーシングしている一般廃棄物業者が回収、処分をさせて頂きました。
当社は廃棄物を適正に処分しています。

特殊清掃、遺品整理会社を選ぶ時に注意していただきたいことがあります。
廃棄物を処分することができる許可として、廃棄物処理法では、一般廃棄物と産業廃棄物の二つに大別し、
さらに一般廃棄物を「家庭系」(一般家庭の日常生活に伴って生じた廃棄物)と「事業系」の2種類に明確に分類し許可を下ろしています。
それらは各々独立した許可であり、産業廃棄物の許可を持っているから一般廃棄物の回収、運搬、処分もできる、というわけではありません。
しかし実際は、産業廃棄物の許可だけで、一般廃棄物であり家庭系である特殊清掃、遺品整理等の不用品(ごみ)回収を行っている業者も存在しています。

さらには、何ら許可を得ていないにもかかわらず、現場に持ち込んだトラックへバンバン積み込みし、あたかも自社で処分するように見せている業者があるのも事実です。

無料サービスですが丁寧なクリーニングをしました。
見渡す限り隅々まで、非常にきれいになりました。
丁寧な清掃が脱臭力にも繋がっていると信じて心を込めて行っております。

最終消臭作業へ。
自社消臭剤ダンボを散布オゾン燻蒸を行い、換気をします。
この工程を数度行い作業完了です。
深呼吸が出来ると御客様も納得の納品となりました。

  • 作業: 完全消臭
  • 人数: 3人
  • 日数: 4日
  • 参考費用: 290,322円(税込)