RBリスクベネフィット中国四国支部

24時間・年中無休対応
0120-087-867

施工事例

トップページ>施工事例>【特殊清掃】死後1ヶ月の孤独死現場の原状回復

【特殊清掃】死後1ヶ月の孤独死現場の原状回復

和室の畳の上でなくなっており、体液が残されています。
汚染された畳を起こして梱包していきます。
体液の染みこんだ敷居をタロウで洗浄していきます。
表面の洗浄は終わりましたが、染みこんでしまった体液から臭気が感じられます。
特殊な塗料でコーティング! 臭気を塞ぎこみます。
臭気を吸ってしまった壁紙を消臭の為に剥がしていきます。
大型家具も階段を使って運び出していきます。
大切そうな書類は処分せずに後日遺族にお渡ししました。
オゾン発生器【タイガー】を使って消臭作業です。

広島県広島市にて施工しました特殊清掃作業の紹介です。
市営住宅の一室で叔父様が無くなられたとのことで、遠方に住む親族の方と市の職員様からご連絡頂きました。
御住まいが遠方の為、親族の方は足を運ぶことが難しいとのことで、職員様に代理で現場を最終確認して頂くとのお約束でご契約となりました。

死後1ヶ月以上経過してしまっているというお部屋は、臭気が充満し玄関の扉の前に立つだけでも若干臭気が感じられる状態です。
近隣対策として何かしら対応をとのお考えから、様々な消臭剤や消毒剤を振りかけたそうですが、満足のいく効果は得られなかったとのお話でした。

和室の畳の上でお亡くなりになっていたそうで、体液をたっぷりと吸ってしまった畳は入念に梱包を行い臭気や細菌のこれ以上の拡散を防ぎます。
また、散らばっていた衣類なども同様に梱包していくと、やっと正確な汚染範囲が確認できるようになります。
今回の現場では畳の下や敷居の一部にも体液が染みこんでしまっていました。
取り外すことの出来ない箇所ですので、十分な洗浄をおこなった後、特殊な塗料を用いて臭いを封じ込めてしまいます。

孤独死清掃が済んだ後は遺品整理を行います。
地域の分別ルールに従い分別作業を行った後、市より一般廃棄物収集運搬の許可を得ている業者へ引き渡します。
当社で分別作業やお部屋からの運び出しを行うことで、そちらへの支払いは少なくなるよう対応させて頂きました。

仕上げにオゾン発生器【タイガー】を使ってオゾン燻蒸を行い、消臭作業を行っていきます。
大型の火災現場の対応にも用いられる機器ですので、今回のように一般のお部屋で使用すればばっちり効果を発揮してくれます。
作業最終日は、市の職員様に臭気を確認して頂き、作業終了です。
親族の方にも作業終了の旨を連絡させて頂くと大変安心されたご様子でした。

  • 作業: 特殊清掃+遺品整理+原状回復
  • 人数: 6人
  • 日数: 2日
  • 参考費用: 581,742円(税込)