RBリスクベネフィット中国四国支部

24時間・年中無休対応
0120-087-867

施工事例

トップページ>施工事例>【孤独死現場清掃】懸命に生きた証

【孤独死現場清掃】懸命に生きた証

布団に体液が染み込んでいます。
布団を通り越し畳まで体液で汚染されています。
中身入りの物から、空の物まで様々なものが散乱しております。
市区町村の分別に従い徹底的に分別いたします。
ハイエースに積み込むとご覧の通りです。
乱雑になっていたキッチンもご覧の通りです。
最後は簡易清掃でピカピカです。

今回は広島県は福山市で行った実作業の事例を使って特殊清掃の疑問を解決いたします。
実際の現場の御写真、実際の見積書をご紹介致します。

現場は広島県福山市の特殊清掃(孤独死清掃)です。
「賃貸物件の一室で孤独死が発生しており、ゴミ屋敷化している」とお客様からのお問い合わせです。

以前に同じ長屋で作業を依頼された事があり、大家様と顔見知りの為、交渉も早く終わることが出来ました。
大家様の御意向もあり、近隣に迷惑が出ないようにしてくれればよいとのご希望です。
以前と同じようにもう貸す気はないそうです。

施主様は家賃とかリフォームなどが必要になるのではないかと心配されておりましたが、大家様のご希望を聞かれ安心されておりました。
余談ですが、孤独死などの現場で、多いのがごみの散乱です。
健常者や、若輩者の私などでは分からないと思いますが、年長者になると、だんだん通常の掃除やトイレ一つも重労働なのです。
よく、こんなに汚して!と遺族の方が怒る方がいますが、懸命に生きた証ですので怒らないでください。

では特殊清掃スタートです。

まずは入室前に当作業員の身を守る為、消毒作業を施します。
現場到着後、除菌・消毒をしながら室内に入り汚染源の確認を行います。
人間の血液・体液にはたくさんの病原体が潜んでいます。
当作業員の健康被害・2次感染予防・消臭対策も含め、作業しやすい環境を整える為、初期処置を実施します。

まず初めに、高い殺菌効果のある自社消毒液RB酸水を散布します。
室内の現状を確認しながら、汚染箇所まで進んでいきます。
オゾンガスを併用して、初期ダブル消毒を終え作業環境を整えます。
オゾンには強い消毒効果もあります。

また臭気が漏れ出し近隣の住民の方へ御迷惑をかけないよう、初期消臭も同時に行います。

その後汚染物の撤去をしました。室内はごみが散乱し半ごみ屋敷化しておりました。
一つ一つ分別をし遺品と、ゴミとを分けさせて頂きました。

一つでも多くの遺品を発見しお客様にお届けできるのか?が特殊清掃屋の技量です。
遺品整理をし、市区町村の処分法に従い、お客様の自己搬入のお手伝いをさせて頂きました。

最後に簡易清掃を施し、作業内容をご説明して、納品です。

  • 作業: 悩むなパック+遺品整理
  • 人数: 2人
  • 日数: 1日
  • 参考費用: 317,999円(税込)