RBリスクベネフィット中国四国支部

24時間・年中無休対応
0120-087-867

施工事例

トップページ>施工事例>高岡郡のマンションで発生した孤独死!その後に必要な対応とは?

高岡郡のマンションで発生した孤独死!その後に必要な対応とは?

高齢の入居者が私のマンションで孤独死!
床に黒々と残った汚れはどうすれば元通りになるの!?

相続で手に入れたワンルームマンションで数年前から大家として不動産賃貸をやってきた私。
ひと月ほど前、管理している会社から、その一室で孤独死が起きたと連絡が入りました。
亡くなったのは一人暮らしの男性で身寄りはないとのこと。
高齢化社会といわれるこの時代では、珍しい話ではないのかもしれませんが、私にとっては初めての経験です。
電話で話を聞いたときはショックを隠せませんでした。

今部屋はどんな状態になっているのか。
どうすれば元通りにできるのか。
不安な気持ちをこらえながら、急いで現地に。

一人暮らしということもあって遺体の発見までにはかなり時間が経っていたため、冬場であったにもかかわらず、かなり酷い状態だったようです。

部屋に入るまでから鼻を覆いたくなるようなイヤな臭いが漂い、ご本人が倒れていたと思われる場所には、真っ黒なシミができていました。

人に貸せるようにするには、部屋の中を清掃する必要があります。
亡くなった男性は親戚などもいないので、私たちでどうにかしないといけません。
ですが、初めての経験で頼れるような業者も分からないし……。
困り果てていたところ、管理会社からリスクベネフィット様のことを教えてもらいました。

孤独死をはじめとする特殊清掃を専門にしている業者様で、さまざまな技術や知見をお持ちのようです。
この会社ならどうにかしてくれるかもしれないと思い、電話で問い合わせてみると、「私どもで対応可能です」とのこと。

孤独死清掃は平均1週間ほどで作業できると聞き、とにかく早くあの部屋をどうにかしてほしいと思っていた私は、ほっと胸を撫で下ろしました。

その1 孤独死清掃にかかる料金は?

気になる料金に関してですが、リスクベネフィット様には「孤独死パック」というものがあり、通常86,537円(税込)で孤独死清掃作業を一括して行ってもらえます。

もちろん、パックに含まれない作業が必要になる場合は追加料金が発生しますが、孤独死パックのおかげで費用を大きく抑えられるのは嬉しいところです。

その2 孤独死のあった部屋を元通りにするにはどんな作業が必要なの?

スピードや費用面が良くても、肝心の清掃作業ができなくては困ります。
どうやって元通りにするのか不安に思っていると……。

・消毒剤散布
防護服を着た作業員の方は、まず消毒作業から行いました。
自社開発の「RB酸水」を噴霧。
孤独死現場に残る体液などの汚れには、雑菌やウイルスなどが繁殖している可能性があるため、消毒が欠かせないそうです。

・床と壁の解体作業
続いて汚物の清掃に入りますが、今回は完全に床に染み着いているため、床ごと解体を行います。
さらに、壁のクロスも剥がしていき、消毒液の散布。
クロスにも臭いが染み込んでいますが、こちらは消臭よりも張り替えるほうが安上がりだそうです。
後のリフォームのことも考えた作業を行ってくれているのは大家としてありがたかったです。

・完全消臭作業
床と壁が剥がされ、工事中のようになった部屋ですが、まだ鼻をつまみたくなるような臭いは残っています。
ここで登場するのがリスクベネフィット様の特許技術であるオゾン脱臭機。
高濃度オゾンを利用したオゾン燻煙と呼ばれる方法で、短時間での消毒・消臭を実現しています。

消臭作業が終わると、ひどかった臭いもなくなり、消臭達成です。
初めて部屋に入ったときはどうしようかと気の遠くなる思いでしたが、また元通り人に貸せる部屋になりました。

リスクベネフィット様には大変お世話になり、感謝しております。本当にありがとうございました。

  • 作業: 孤独死清掃
  • 人数:
  • 日数:
  • 参考費用: 円(税込)