RBリスクベネフィット中国四国支部

24時間・年中無休対応
0120-087-867

施工事例

トップページ>施工事例>町役場管理物件で孤独死! とにかく入室できるようにして!!

町役場管理物件で孤独死! とにかく入室できるようにして!!

現場入口
作業前に合掌を忘れません
消毒してから入室です
体液が大量に残っています
体液を除去します
家具の下もチェックします
冷蔵庫の下にも体液が
オゾン燻蒸で除菌と消臭を行います
悩むなパック完了です

岡山県の町役場からご連絡いただきました。
町役場で管理している町営住宅にて、身寄りのないご老人が孤独死してしまったとのこと。
臭気が強く近隣の住民からの通報で発覚したそうです。

現場は一軒家で、近づくと周辺には死臭が立ち込めていました。
臭気が強い為、町役場の方は入室を断念する状態。

今後住宅をどうするかは未定だが、とにかく入室出来るようにして欲しいとのご要望です。
当社の特殊清掃プラン「悩むなパック」がご要望にぴったりでしたので、即契約となりました。

孤独死現場の特殊清掃悩むなパックには汚染物の除去、消毒、簡易消臭がセットになっています。
防護マスクや各種装備を整え、正しい知識を備えていないと入室すら困難なのが孤独死の現場です。

今回のように今後取り壊すのか、空き家にしておくのか決まっていないがまずは「入室できる」状態にして欲しいという場合、悩むなパックが最もご希望に沿ってくるのです。

即日対応希望でしたので、すぐに作業に取り掛かりました。
故人様の冥福を祈願し合掌してから現場に入ります。

入口から当社オリジナル消毒剤のRB酸水を散布しながら進みます。
作業員の安全を確保する為、消毒剤の散布は必須作業です。

現場に入ると強い死臭に加えて大量のハエと蛆虫が発生していました。
故人様は台所の床に倒れる形で亡くなっていたようで、大量の体液が残っています。
こちらの体液や体液の付いた汚染物を撤去することが大切です。
汚染物を撤去すればハエや蛆といった害虫の発生を防止することにもつながります。

まずは体液が付いたカーペットやタオルケットなどの汚染物を撤去していきます。
体液が色々な場所に浸みてしまっている場合、長年の経験から体液がどのように床を伝い、広がっていったのかを見極めていくことも重要になります。

見落としがあっては臭気が収まりませんので入念にチェックします。
ご遺体があった場所の近くにある冷蔵庫や棚の下まで体液が広がってしまっていましたのでこちらも除去します。

体液を除去したら当社オリジナル洗浄剤の「タロウ」で拭き上げます。
人間の体には脂も多く含まれていますので、何度も洗浄を繰り返して除去していきます。

仕上げにオゾンガスを発生させ、除菌と消臭を行うオゾンショックトリートメント法を実施します。
専用の機材パンサーを設置し現場を消臭していきます。

現場全体に当社オリジナル消臭剤の「ダンボ」を撒布し施工完了です。
ここまでの作業で臭気は半減しています。

確認に来た町役場の方も最初は恐る恐るといった感じでしたが、ご依頼頂いた時に比べ格段に臭気が弱くなったことで入室することが出来ました。
迅速な対応を大変喜んで頂き納品です。

  • 作業: 特殊清掃
  • 人数: 1人
  • 日数: 1日
  • 参考費用: 86,663円(税込)