RBリスクベネフィット中国四国支部

24時間・年中無休対応
0120-087-867

施工事例

トップページ>施工事例>管理会社様よりリフォーム前の特殊清掃依頼

管理会社様よりリフォーム前の特殊清掃依頼

機材の点検からスタート
入室前に消毒剤RB酸水を散布します
20分のオゾン燻蒸後に作業開始
カーペットに体液が残っています
汚染物を撤去します
床に浸透した体液は洗浄しました
消臭剤のダンボを散布します
仕上げにオゾン燻蒸です
臭いが落ち着き入室可能です

管理しているアパートにて孤独死が発生してしまい、リフォームも臭気が原因で断られてしまったとお困りでした。
現場は臭気が強く、ハエも飛び交っているために衛生面も心配で部屋に入れないとのことです。

近年急増している一人暮らしのご老人の孤独死ですが、こうした物件を管理している不動産会社様からご連絡頂く事が多くあります。
身寄りがなく親族とも連絡が取れない。
それでも賃貸物件ですので、次の入居者を迎える為にも臭いや衛生面含めてなんとかしたいとご相談いただきます。

当社では特殊清掃はもちろん、遺品整理、完全消臭についても他社にはないノウハウを持っておりますのでどのようなご相談にもお答え致します。

孤独死の場合、その後そのお部屋をどうするかで対応が異なります。
空き家にするのでまずは入室可能な状態にして欲しいのか、それとも賃貸としてまた貸し出すので完全消臭を希望なのか、ご要望をしっかり伺って施工内容をご提案しています。

今回はリフォーム業者が入れるようにして欲しいとのご依頼でしたので、当社の特殊清掃に最低限必要な作業となる汚染物の撤去、消毒消臭剤の散布、オゾン燻蒸による簡易消臭がまとまった「悩むなパック」にて対応することとなりました。

現場は賃貸のアパートです。
臭気がお部屋の外まで漏れており、玄関前の廊下に立っている時点で臭気を感じます。
管理会社の方は玄関先まで案内して入室を諦めました。

死臭に慣れた熟練のスタッフでなければ、孤独死現場の臭気には耐えられないのが現実です。
普段の生活ではまず体感することのないレベルの臭気ですので、一般の方が耐えられないのは無理もありません。

鍵を受け取り当社スタッフのみで対応します。

入室前に機材の点検をして作業内容を確認してから作業開始します。
室内にはハエも飛び交っており衛生状態が悪化している為、当社オリジナルの消毒剤「RB酸水」を散布しながら進みます。

衛生面が確保出来たら作業前に20分のオゾン燻蒸を行いオゾンガスにて最低限の除菌、消臭をします。
これによって室内の臭気が作業出来るレベルまで落ち着きました。

故人様はリビングの床に倒れていたようで、カーペットには体液の染みが残っています。
この体液が臭気の原因であり、害虫を発生させる元になっていますので撤去しました。

汚染されたカーペットを撤去した後の床にも体液が浸みていましたが、こちらは洗浄で対応します。
体液除去の特殊洗剤タロウで何度も洗浄し、臭気を押さえていきます。

仕上げにオゾンショックトリートメント法によるオゾンガスによる簡易消臭を行い作業完了です。

管理会社の方から作業前と比べて格段に臭気が落ち着いたこととスピーディーな対応に感謝の言葉を頂き納品させて頂きました。
れでリフォームが進められるとお喜びです。

  • 作業: 特殊清掃
  • 人数: 2人
  • 日数: 1日
  • 参考費用: 86,663円(税込)