RBリスクベネフィット中国四国支部

24時間・年中無休対応
0120-087-867

施工事例

トップページ>エリア>徳島市工場火災の煤除去から消臭までの日数とは?

徳島市工場火災の煤除去から消臭までの日数とは?

施工前
煤清掃作業
養生作業
オゾン燻蒸作業
換気扇設置
コーティング作業
床清掃作業
床清掃作業2
施工後

ちょっとした不注意で起きた工場火災。

復旧のために煤除去と消臭を行う予定だけど、作業日数が気になる……。

ある日、工場で起きてしまった火災。

幸いにもボヤ程度で大事には至りませんでしたが、工場内に煙が充満してしまったため、煤や臭いの影響で一時的に休業するしかありませんでした。

 

ここで気になるのが復旧までの日数です。

煤の除去と消臭を早く仕上げてもらえば、営業再開までの日数も早めることができます。

 

営業再開までの日数は早ければ早いほど助かるのですが、

清掃作業のクオリティもしっかり求めたい…。

 

そんなワガママな要望を聞いてくれる業者があるのかと思いながら、

インターネットで検索していた時に目に止まったのがリスクベネフィットさんのホームページでした。

 

すぐさま見積もり依頼をし、肝心の作業日数についてお伺いしてみたところ

「この規模の工場でしたら、1週間から10日ほどで煤除去から完全消臭まで行います」とのことでした。

 

このまま放置していたら、ずっと残ったままになりそうな煤の臭い。

1週間程度で消してくれるなんて、いったいどんな技術を持っているのでしょうか?

 

 

短期間で煤除去から完全消臭が完了する秘密

その秘密は、リスクベネフィットさんがいくつかの工法を駆使して、煤の除去と消臭を行う点にありました。

さらに、リスクベネフィットさんが特許を出願しているオリジナルの「火炎煤ハイブリット清掃法」というものも存在するらしいのです。

 

 

従来の工法

そもそもよく行われているグラインダー削り工法での火災煤清掃では、目の前1mが見えなくなるほどの粉塵が飛びます。

また、回転工具の場合はその振動から作業者の血液が泡立ち、体調不良になる恐れがあることから、

長時間連続で作業ができないなどの制約もあって、体力的にもとても厳しい作業なんだそうです。

飲食店や住居などビジュアル的な問題で、煤を完全に除去したいという方はこちらの工程で進めていくこともあるようですが、

あまりにも時間と負担がかかってしまう作業だということが話を聞いているだけでも伝わってきました。

 

 

「火災煤ハイブリット清掃法」

しかし、リスクベネフィットさんの「火災煤ハイブリット清掃法」では、従来の方法よりも安価な上に短時間でできるということだそうです。

先ほどの方法のように完全に煤を取り除くことなく、簡単に落ちる部分だけを落として足付け作業を行います。

そして躯体に焼きついて残る煤を酸化分解させて無害化させることで、従来のように煤を完全に削り取る必要がなくなったというのです。

「無害化を行った後に特殊コーティングを施して完了」という流れでした。

 

私の工場の場合は、無害であれば少しくらい煤が残っていても気になりませんでしたので、「火炎煤ハイブリット清掃法」にて清掃を依頼いたしました。

結果的に私の工場は1週間で煤の除去から消臭までを行っていただき、その後すぐに営業も再開することができました

 

また、煤汚れが落ちているのはもちろん、臭いも全く気にならなくなり、リスクベネフィットさんに依頼して本当に良かったと思っています。

 

リスクベネフィットさん、ありがとうございました!

  • 作業: 火災現場清掃
  • 人数:
  • 日数:
  • 参考費用: 円(税込)