RBリスクベネフィット中国四国支部

24時間・年中無休対応
0120-087-867

施工事例

トップページ>施工事例>【孤独死現場清掃】フローリングの上で最後を迎えた定年後の悲劇

【孤独死現場清掃】フローリングの上で最後を迎えた定年後の悲劇

物が散乱している施工前の状況です。
汚染箇所付近の洗浄に取り組みます。
床をおこし、汚染が床下にも広がっていないか確認します。
残留物を撤去し、ハウスクリーニング後の状況です。
ガス台は油汚れで黒ずんでおり臭いも発生しておりました。
ガス台、施工後はご覧の通りです。
形見になる品を取り分け、不要物を自治体の決まりに従い分別します。
和室も洋室同様、不要な家財の撤去を行いました。

築15年一戸建て住宅での案件です。
奥様からのご依頼です。
定年退職された旦那様と別居されて数カ月、心配になり様子を伺いに行ったところ、
室内フローリングの上で最後を迎えられていた…、孤独死でした。

今後物件の行方をまだ決めていないが、遺品整理と原状回復の方向でという事でご依頼を受けました

室内に入る前、故人様のご冥福をお祈りし、黙とうを捧げます。
自社の消毒剤RB酸水を散布しオゾンガスにより、初期消毒をして作業環境を整えます。

フローリングのお部屋の床の汚染箇所の除菌・洗浄を施します。
フローリングの上の体液を体液除去剤【タロウ】を用いて除去してまいります。
綺麗にふき取りましたが床にしみておりましたので、床を剥ぎました。

次の工程は遺品を整理・不要な家財を撤去します。
残留品には臭いがしみこんでおりますので基本は撤去になりますが、権利書や、形見お品などを丁寧に探しお客様にお渡しします。
さらに人形などはお焚き揚げをさせていただきました。

次は消臭の準備を整えます。
消臭は、自社の消臭剤ダンボを散布し、脱臭機によりオゾンを発生させます。
オゾンは送風機などを用いて風量を大きくすることで、よりよい効果が得られる為、効力を最大限に引き出せるよう、機材の設置の仕方等を考慮し作業しました。

オゾンは酸素(O2)と酸素原子(O)によって構成されています。
オゾン分子(O3)は、きわめて反応性の高い物質であり、時間とともに安定した酸素(O2)に戻ろうとする性質をもっており、反応後は残留物を出さない、きわめて安全な物質です。
オゾン発生後、換気をする、その過程を臭気のレベルが落ちるまで繰り返し行います。

最後にガス台やシンクの汚れを落とすなど、ハウスクリーニングや掃き掃除・清掃を抜かりなく施し、お客様よりOKを頂き納品となりました。

  • 作業: 特殊清掃作業
  • 人数: 3人
  • 日数: 7日
  • 参考費用: 994,410円(税込)