RBリスクベネフィット中国四国支部

24時間・年中無休対応
0120-087-867

施工事例

トップページ>施工事例>孤独死発生! 大量のハエやウジを処理できず…

孤独死発生! 大量のハエやウジを処理できず…

部屋中に臭気が充満しています
体液の跡がハッキリ残っています
消毒剤を散布していきます
大量のウジやハエの死骸を駆除します
汚染物はカットして撤去
汚染物はラッピングして臭気を封じます
体液を専用洗剤で洗浄
オゾンによる簡易消臭です
汚染物全て撤去し納品です

一人暮らしをしていた親族の方が孤独死してしまい、その処置をお願いしたいとご連絡を頂きました。
どうやら最初はご自分達でなんとかしようとしたようで何日か現場のお宅に通ったそうです。

亡くなっていた部屋には入らずに、他の部屋の片づけを進めていたようですが、臭気も強く毎日増え続ける大量のハエやウジ虫を処理できず、困り果てて当社にご依頼となったようです。

一般的にハエは1回に50~150個の卵を産むと言われ、さらに産み付けられた卵は2週間程度で成虫のハエに成長します。
そのペースで増えられては発生源となっている体液や現場の汚染物を除去しない限り、ハエやウジ虫がいなくなることはありません。

お困りのご様子でしたので、遅い時間でしたが現場に駆けつけました。
何件か似たようなお宅が並んでいましたが、玄関先から漏れ出している臭気ですぐに現場は判明しました。

玄関で手を合わせてから入室です。
早速現場を確認させて頂くと、亡くなっていたのはリビングで体液が大量の体液が残っていました。

こちらがハエやウジ虫の発生源となっていることをご説明し、孤独死現場で最低限必要な処置をまとめた「悩むなパック」にて対応させて頂くことに決まりました。

まずは現場全体に当社オリジナル消毒剤「RB酸水」を散布しながら進みます。
次に体液と体液の付いた汚染物の撤去です。故人様が倒れていたフローリングの上に何枚かカーペットが敷かれており、それぞれに体液が付着していましたので全て撤去していきます。
飛んでいるハエは殺虫剤で処理し、死んだハエの死骸やウジ虫もしっかり駆除していきます。

ウジ虫は家具と家具の間や狭い隙間に逃げ込んでいる場合も多い為、特に気を付けて駆除していきます。
汚染物を除去した後はフローリングに浸みた体液の洗浄作業に移ります。
当社オリジナル体液専用洗浄剤「タロウ」が活躍します。
「タロウ」を使い汚染箇所を洗浄していきますが、一度で落としきる事は出来ない為、何度も洗浄と拭き上げを行い綺麗にしていきました。

仕上げに当社オリジナルの消臭剤「ダンボ」を現場全体に散布し、オゾンガスによる簡易消臭を行いました。
高濃度のオゾンガスをお部屋に充満させることで臭気と反応し酸化分解してくれるのです。

全ての作業が完了し、お客様に確認して頂くと作業前に比べて臭いが半分以下になったと大変お喜び頂きました。

ハエやウジ虫の処理が終わったことも安心につながったようです。
これで近所の方へ迷惑を掛けないで済むと一安心のご様子です。

  • 作業: 特殊清掃
  • 人数: 2人
  • 日数: 1日
  • 参考費用: 86,663円(税込)