RBリスクベネフィット中国四国支部

24時間・年中無休対応
0120-087-867

施工事例

トップページ>エリア>山口県下関市で火災!躯体に入り込んだ煤の除去方法とは?

山口県下関市で火災!躯体に入り込んだ煤の除去方法とは?

工場火災で煙が充満……。

気がつくと火災躯体に真っ黒な煤がびっしり……。

 

ある日、工場内で小さな火災が発生。

消火活動後に確認してみたところ、火災躯体に煤が入り込んでいました。

この状態だと清掃はもちろん、消臭作業は難しそうです。

 

「さすがにこれは解体するしかないのか…」そう思いましたが、解体するとなると費用が嵩んでしまいます。

 

「どうにかして躯体に入り込んだ煤の除去と消臭作業をしてもらえる業者はないか」とインターネットで調べてみたところ、

実績が豊富そうなリスクベネフィットさんを見つけました。

問い合わせをしてみると、「火災清掃の経験豊富な揃っておりますので、ぜひおまかせください」と心強いお言葉。

 

ただ、こう言っていただいたにも関わらず、少し不安が残っていたため、

「どのような方法で躯体に入り込んだ煤を取り除いて消臭まで行うのか」を聞いてみたのです。

 

すると、このような説明をしてくださいました。

 

従来のグラインダー法

 

元々よく行われているグラインダー削り工法での火災煤清掃です。

グラインダー削りでは目の前1mが見えなくなるほどの粉塵が飛びます。

また、回転工具の場合はその振動から作業者の血液が泡立ち、体調不良になる恐れがあることから、

長時間連続で作業ができないなどの制限があり、体力的にもとても厳しい作業なんだそうです。

リスクベネフィットさんのハイブリット法に比べれば、メリットは少ないものの、

煤を完全に除去したい方はこちらの工程で進めていくこともあるようです。

 

リスクベネフィットさんの火炎煤ハイブリット清掃法

 

この火災煤ハイブリット清掃法のメリットは、従来のグラインダー法よりも安価で短時間でできるということだそうです。

元々コンクリートに付着した煤をすべて取り除くには、グラインダーだけではなく、

テープやドライアイスなどを駆使して完全に取り除くようですが、それは体力的にも大変な作業。

しかし、リスクベネフィットさんの火炎煤ハイブリット清掃法では、完全に煤を取り除くことなく、

簡単に落ちる部分だけ落としてから足付け作業を行います。

そして躯体に焼きついて残る煤を酸化分解させて無害化させることで、完全に削り取る必要がなくなったというのです。

その後、無害化を行った後に特殊コーティングを施して完了という流れで行われるそうです。

 

リスクベネフィットさんに決めた理由

 

一連の説明をしていただいて、私が魅力的に感じたのは、以下の3つでした。

 

  • 従来の方法よりもスピードが早い上に、費用も抑えることができるという点
  • 躯体を無理に削り取ることもないため、躯体を痛めること無く火災の煤清掃を終えることができる点
  • リスクベネフィットさんが特許を出願中のため、リスクベネフィットさんならではの工法だという点

 

素人の私相手にも分かりやすく説明していただき、不安も全て解消されたため、依頼を決めました。

 

結果、躯体を傷つけることなく、煤の除去と完全消臭までしてくださり大満足です。

リスクベネフィットさんにおまかせして良かったと思っています。

この度は本当にありがとうございました!

  • 作業: 火災現場清掃
  • 人数:
  • 日数:
  • 参考費用: 円(税込)